奥が深~い!内科医の仕事!どんな病気でも速やかに発見する!

内科医の仕事は重要です。

内科は外科のように怪我の手当てなどは一切せずに、風邪などの体の中の病気を治療します。季節になったら流行するインフルエンザの予防注射も内科医の大切な仕事です。夜勤で病院に勤務している医師のほとんどが内科の医師になっているために、夜中の急患にも速やかに対応が可能となっています。内科医が対応する患者の年齢は0歳からお年寄りまでと非常に幅が広い年齢になるために、全ての年齢の患者に対応できるコミュニケーション力が必要でしょう。

内科医のみの免許はありません。

医師の免許は全て同じなので、内科の診察のみを行う免許はありません。そのために、内科医になるためには病院で勤務をして病院側から内科に配属されなければいけません。しかし、内科医になると内科の学会に参加する必要があります。開業医として病院を開業した場合には内科専門の医師になることも可能ですが、医師免許を持っているために外科の診察も可能です。しかし、内科医が最も様々な患者さんに接する機会が一番多いと言えるでしょう。

最初に病気を発見する医師は内科医です。

生活習慣病の一つでもある糖尿病の治療に専念する医師も内科医です。糖尿病になると食事の制限や運動をする必要がありますが、全ての判断を内科医の医師が行います。現代社会にはどうしても欠かすことができない医師が内科医なので、一番身近な医師が内科医になります。また、糖尿病だけではなくて、脳外科を受診する際にも最初は内科を受診して脳外科を紹介されます。どんな病気でも最初に発見をする医師が内科医なので、医師の中でも最も重要な役割を果たしています。

生活習慣病治療に力を入れる三鷹の内科クリニックは、中高年も通院しやすいです。治療と生活指導の両方を行う点が魅力的です。