今話題の肥満外来、その活用法とは

食生活改善や運動、自力で肥満改善が難しい人には

現代の食生活は高脂質・高カロリーが好まれ、また運動不足の影響から肥満傾向にあると言われています。健康診断でも腹囲の測定が盛り込まれ、メタボリックシンドロームの判定を行うようになってきています。肥満を解消するには、食生活や運動など私生活の改善が必要になります。しかし、なかなか自力で改善するのは難しいものでしょう。そこで、近年注目されているのが肥満外来です。肥満外来とは、肥満治療を受けることができる医療機関のことです。

肥満外来で治療を受けるメリットとは

肥満外来では、専門医の指導の下で肥満治療を受けることができます。血液検査や内臓脂肪などのチェックを行い、各自の症状に合わせて効果的なダイエット法を実行します。そのため、自力でダイエットを行うよりも無理なく痩せられることがメリットとして挙げられます。生活習慣の改善が主ですので治療期間は長くなりますが、体質から改善されるためリバウンドが起きにくいことも大きなメリットです。また、薬物治療を行えることが特徴で、食欲抑制剤や脂肪燃焼剤などを投与することも可能となっています。

気になる費用について、保険は適用されるのか

肥満外来のメリットを色々と挙げましたが、気になるのは費用です。医療機関によっては脂肪吸引などの外科的施術を行っていることもあり、費用は指導料・薬代・外科施術料の合算となります。生活指導だけでなく、薬物治療や外科施術も組み合わせると高額になります。しかし、治療には保険が適用される場合もあります。健康診断で肥満と診断された場合や、肥満による健康障害が認められる場合です。保険が適用になれば指導料と薬代の負担が軽くなります。

肥満外来をしている病院は多くあるので、肥満で悩んでいる人にはありがたく効率よく肥満を解消する事ができます。