症状に合った育毛剤を使うことが薄毛を治す近道です

女性ホルモンで薄毛を治す!

更年期障害の症状の一つとして抜け毛の量が増える人がいます。薄毛ではない人でもなったりしますから、バスルームや寝室にごっそり抜け毛が落ちているとショックですよね。出産後に抜け毛の量が増える人もいますが、どちらも女性ホルモンのバランスが乱れたことが要因です。このような抜け毛を抑えるために、女性ホルモン入りの育毛剤を頭皮に塗ると薄毛治療になりますよ。女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを使っているタイプが多いですね。

一般的な薄毛に効く育毛剤

女性ホルモンの影響で薄毛になったのではない場合は、血行促進効果のある成分や毛根に栄養を補給する成分が配合されている育毛剤を使うことになります。薬局に行けば普通に売られていますよね。中にはその育毛剤のブランドサイトからメーカー直販で購入しないと手に入らないものもあります。興味がある育毛剤があるなら、口コミなどで評価を確かめてから買うか決めた方がいいですね。毛根に与える成分はアミノ酸や植物エキスなどです。

育毛サプリメントは…

AGAの治療に飲み薬が処方されていますが、これは基本的に男性専用の飲み薬です。女性は飲むことはできないんです!どうしても、塗るタイプの育毛剤以外の方法もやってみたいなら、女性でも飲める育毛剤として、育毛サプリメントというものがあります。血行促進効果や、育毛剤の成分としておなじみの亜鉛や、毛母細胞を元気にするための成分と髪を育てる栄養素など、必要なものは一通り網羅されています。毎日飲むことで薄毛体質を改善しましょうね。

出産後や中年以降、女性ホルモンによる薄毛には女性用育毛剤が最適です。優しい成分で頭皮の状態を改善し、元気な毛髪を育てます。